会社案内

会社概要

社名 富士黒鉛工業株式会社
本社 〒157-0066 東京都世田谷区成城8-33-2
Tel:03-3483-0357/Fax:03-3483-7444
E-mail:info@fujikokuen.co.jp
事業所 神田営業所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-2-5 須田町藤和ビル8階
青島事務所(QINGDAO OFFICE)
No.810room 3-1,No.82 Fuzhou Road,PINGDU CITY,QINGDAO,SHANDONG PROV,CHINA
上海事務所(Shanghai OFFICE)
No.689 East Donghai Road,Haimen,Jiangsu
工場/倉庫 相模原工場:神奈川県相模原市中央区田名3267-1
上海工場:No.689 East Donghai Road,Haimen,Jiangsu
福島県郡山工場
東京都稲城市多摩倉庫
設立 昭和29年4月
資本金 10,000,000円
代表取締役 菅原 豪
事業内容 黒鉛原料の輸入
黒鉛の精製加工販売及び輸出入
製鋼・鋳造・耐火物用材料・非鉄鉱山物・冶金材料の販売
各種粉体の粉砕・分級受託加工
子会社 東日本カーボン株式会社
〒963-0533 福島県郡山市日和田町八丁目字聖坊61
輸入者コード P0013F980000

沿革

昭和24年10月 菅原省一が発起して東亜黒鉛工業株式会社を設立
社長に就任後、鋳物用黒鉛及び鋳造用材料の販売業務を開始
昭和26年3月 社名を東邦黒鉛工業株式会社に改称、同時に葛飾区亀有に工業を設置
従来黒鉛の精錬、加工を併営
昭和28年4月 社長菅原省一、同社を辞任、分離して富士商会株式会社を設立
東邦黒鉛株式会社同様の販売業務を開始
昭和28年10月 前任、東邦黒鉛株式会社が解散に際して、工場施設を買収
再度、精錬加工の業務を併続
昭和29年4月 社名を富士黒鉛工業株式会社と改称
昭和29年4月 本社千代田区神保町に移転
昭和39年12月 粉塵公害により亀有工場を売却
同時に埼玉県行田市に工場移転
昭和40年4月 本社を東京都世田谷区に移転
製品在庫の拡大の為、営業倉庫を設置
昭和54年4月 菅原健司が社長に就任
平成10年2月 埼玉工場を閉鎖
福島県郡山工場とOEM契約
平成22年2月 菅原豪が社長に就任
平成24年11月 原料の輸入業務の開始
平成27年11月 青島事務所開設
平成27年11月 上海事務所開設
平成28年4月 神奈川県相模原市に工場開設(膨張黒鉛)
平成29年4月 新日本電工株式会社より東日本カーボン株式会社(日電カーボン株式会社)の株式を100%取得
平成29年4月 東日本カーボン株式会社を子会社化
平成29年9月 神田営業所開設致しました。
出版 鉱山調査と評価法 菅原公平 著
鉱山の評価 菅原公平 著
ページ上部へ戻る