膨張黒鉛

膨張黒鉛膨張黒鉛

膨張黒鉛は層間化合物を経由して作られます。化学反応を用いて鱗片状黒鉛に物質を挿入した黒鉛層間化合物を急熱すると、層間に入れられた物質が燃焼・ガス化し、その時に生じたガスの放出が爆発的に層と層の間を押し広げるので、黒鉛が層の積み重なり方向に「膨張」します。 酸の種類や製造方法にもよりますが数十倍~数百倍の大きさに膨らみます。
最近では樹脂(PVC、PP、PS)やゴム(NBR)へのフィラー(強度など材料の特性を変える添加剤)として膨張黒鉛が使用されています。
「熱により黒鉛粒子が膨張し、互いが絡まりあうことによって大容量の空隙を有する断熱層を生成する」という性質を利用して、難燃剤として用いられています。特に、代表的なハロゲン系の難燃剤における “燃焼時に発生する塩素ガス等の有害ガス”の問題がないので、環境負荷への配慮から樹脂やゴムへの(ノンハロゲン系)難燃性フィラーとして重用されています。
また膨張黒鉛は鱗状黒鉛に比べると樹脂と混ざりやすく、工業的な用途としては、膨張黒鉛を膨張させプレスすることで柔軟性に富んだ黒鉛シートを作ることがしられています。

主な用途

難燃剤、発砲フォーム、耐火材料、建材、シーリング材、コーティング材、ポリマー、ゴム製品、グラフェンの材料

低温度膨張黒鉛

膨張黒鉛 固定炭素 灰分 揮発分 粒度(mesh) 膨張倍率(ml/g) 膨張開始温度(℃) PH
EXP-50S120 98.0 2.0 +50 250 120 6~7
(中性)
EXP-50S150 99.0 1.0 +50 200 150 6~7
(中性)
EXP-50S150L 99.0 1.0 +50 250 150 6~7
(中性)

無硫酸膨張黒鉛

無硫酸膨張黒鉛とは対鉄錆び対策として開発された錆びにくいタイプの膨張黒鉛です。

膨張黒鉛 固定炭素 灰分 揮発分 粒度(mesh) 膨張倍率(ml/g) 膨張開始温度(℃) PH
EXP-50NR 99.0 1.0 +50 200 6~7
(中性)
EXP-80NR 99.0 1.0 +80 180 6~7
(中性)
膨張黒鉛 固定炭素 灰分 揮発分 粒度(mesh) 膨張倍率(ml/g) 膨張開始温度(℃) PH
EXP-32S160 99.0 1.0 +32 400 160
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-50 98.0 2.0 +50 200 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-50S 99.0 1.0 +50 200 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-50SS 99.0 1.0 +50 250 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-50SM 99.0 1.0 +50 300 200 6~7
(中性)
EXP-50SL 99.0 1.0 +50 350 200 6~7
(中性)
EXP-50HO 99.0 1.0 9.0~12.0 +50 200 220 6~7
(中性)
EXP-80 98.0 2.0 +80 200 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-80S 99.0 1.0 +80 200 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-100S 99.0 1.0 -100 80 160~200
(調整可)
6~7
(中性)
EXP-200S(開発中) 99.0 1.0 -200 80 160~200
(調整可)
6~7
(中性)

純度、灰分、膨張倍率、膨張開始温度、粒度、P.H、酸の種類などお客様のご希望通りカスタマイズが可能です。

ページ上部へ戻る